« 『絶対少年』横浜編・舞台訪問 ~(8)クイーンズスクエア&臨港パーク | トップページ | 『絶対少年』横浜編・舞台訪問 ~お仲間ご紹介! »

2005年12月15日 (木)

『絶対少年』横浜編・舞台訪問 ~(9)桜木町駅&新港

今回の訪問分の紹介は、これで最後になります。

巨大マテリアルイーブルの真下へ行った希紗たちを追って、マッキー、成基、須河原たちは、JR桜木町駅に向かいます。

JR桜木町駅

25_04

右側手前に、大きなガラス窓のある建物が見えますね? これは地下道への入り口の階段でして、

25_10

そこを、さらに右に行った所から観ると、これ。「野毛ちかみち」です。桜木町駅から、野毛地区の方へ近道できる地下道、というわけ。以前は、巨大な横断歩道があって、大勢でいっせいに渡っていたもんですが、この便利な地下道のおかげで待たされなくなりました。

それはそうと…桜木町駅でもう一箇所、ぜひ撮っておきたいモノがあったんですが…。どこにも見当たりません。

駅員さんに聞いてみましょう。

「あのー。この駅、伝言板はありませんか?」

25_11

「伝言板は、もうありませんね」

えーーっ!! Σ( ̄□ ̄;

きっ、気を取り直して次のスポットへ!

彼らは、駅前近辺は封鎖されて直進できないので、右手の方へ迂回、まず新港地区に入ってから、巨大イーブルの真下の臨港パークへ行こうとします。

新港地区は、みなとみらい地区の南に隣接し、新港埠頭客船ターミナルのほか、有名な赤レンガ倉庫、以前紹介した大観覧車・コスモクロックを擁する「よこはまコスモワールド」などがあります。また、汽車道を渡って辿り着くのもここです。…と言いつつ、実はこの新港地区行くのって、今回が初めてでして、わくわくしながら訪問して参りました。

迂回中の彼らは、汽車道ではないルートから新港地区へ入ります。

CIMG1188万国橋

マッキーが須河原に告白して、振られるスポットです(^^;

25_15

25_15

橋を渡って左側に歩くと、運河パークが拡がっています。汽車道を通って辿り着くのがここです。そこにある大きな建物が、

横浜国際船員センター「ナビオス横浜」

23_16

劇中では、もう少し前の話数、りえぞーのクラスメイトの二人が巨大物体について話しているシーンに映ります。この角度で撮れる位置にはベンチがなかったので、レイアウトは全然違いますが、レールの上から撮ってみました。

そう、この建物は、(3)みないとみらい21で説明した汽車道のレールを、跨ぐように建っているのです。この方向から観ると、延びていくレールや、ナビオスの四角い穴の向こうに赤レンガ倉庫も見えます。

CIMG1205

なんでも、汽車道の一環として建築されたそうで、この巨大な穴のある形状は「絵画の額」をモチーフとしているためだとか。なるほど、反対側から覗くと、ランドマークタワーが収まってます。それにしても、小さく映ってる、人間と比べていただくとわかるでしょうが、とんでもなくでかいゲートになっています。下から見上げても、まさに絶景です。

で、この建物の正体は何かというと、日本船員厚生協会の、船員会館なんだそうで、要はホテルになっているようです。

運河パーク

パークの中には交番があるんですが、そのあたりで、どっしるとしっしんが成基や須河原たちを導きます。

25_14

…くっ! まだ葉が落ちてなかったので、どっしるとしっしんが潜り込んだベンチが隠れてしまっている! ちゃんと、赤矢印のあたりにベンチ有るんですよー? ↓これ、この通り。

25_14

そのベンチのあたりから、左側を見ると、

25_18

運河パークと、ショッピングセンターのワールドポーターズを結ぶ歩道橋が見えます。須河原は、この方向から、どっしる、しっしん、ポーちゃんが飛んでくるのを見ます。

んじゃ、そのワールドポーターズ行ってみましょう。

横浜ワールドポーターズ

24_17

ファッション関係が充実しているほか、映画館も入っているところです。下宿先を決めた須河原が、汽車道を通って買い物に歩いているのは、このワールドポーターズで買い物をしたんでしょう。

25_16

なんでわざわざ、表記を変えてあるんだろう…商標対策にしては、ロゴマークはそのまんまだし(^^;

24_17

ワールドポーターズの中のエレベーターから下を見下ろすと、この交差点が見えます。左右方向の道路の中央分離帯が広大なので、十字路ならぬ、キ字路とでも言えばいいのか、変わった交差点で、路面にも特徴的なペイントがされています。

上の劇中カットは、これから臨港パークに向かう希紗とりえぞーですが、このあと臨港パークから離れた希紗たちと成基や須河原たちが合流するのもこの地点ですね。

んで、この写真の左のみなとみらい方面へ行くと、最後のクライマックスを迎える地点、国際橋があります。

CIMG1245国際橋

どっしる、しっしん、ポーちゃんが次々と破壊された現場です。

リンク先の地図を見てもらった方が(あるいはアニメ本編を観て貰った方が)分かり易いのですが、二本の橋が平行して掛かっており、それぞれ自動車道の上下線になっています。

24_18

24_18

ここらへんは、希紗とりえぞーが、臨港パークへ向かっているときのカットですね。

24_19

橋を渡りきったところで、フェアリーがイーブルたちに襲われているところを見かけたり。ちなみに、手すりの向こうに映っているのは、パシフィコ横浜の会議センターです。

25_21

追いすがられ、橋の下を抜けるポーちゃん!

25_21

橋の上に、さらにアーチ橋がかけられているかのような、ちょっと面白いデザインの欄干です。

橋を渡りきったところに交差点がありますが、こちらも中央分離帯が広く、横断歩道の脇に、こんな↓ベンチがあります。

26_06

最終回で、歩と須河原が話し合った場所ですね。後ろには、三角屋根の建物も見えています…が、これがなんなのかは分かりませんでした。ベンチの中央にそびえている柱の正体も分からなかったな…これはただのオブジェかしら?

で、この写真の奥の方に国際橋があり、橋の真ん中で希紗と成基が座り込んでいたり、さらにもうちょっと新港地区寄りのところで傷心のりえぞーをマッキーが宥めていたりするわけです。…劇中の経過時間から考えれば当然ながら、3組のペア、ずいぶん近くにいたんだな!(^^; ちょっと首伸ばして見れば、お互いがしっかり見えるような位置だったとは。

26_17

そして、フェアリーとイーブルたちが消滅してゆくのを全員で見守って、不思議な出来事は幕を下ろすのでした…。

|

« 『絶対少年』横浜編・舞台訪問 ~(8)クイーンズスクエア&臨港パーク | トップページ | 『絶対少年』横浜編・舞台訪問 ~お仲間ご紹介! »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

絶対少年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143270/7637937

この記事へのトラックバック一覧です: 『絶対少年』横浜編・舞台訪問 ~(9)桜木町駅&新港:

« 『絶対少年』横浜編・舞台訪問 ~(8)クイーンズスクエア&臨港パーク | トップページ | 『絶対少年』横浜編・舞台訪問 ~お仲間ご紹介! »