« 【イベントレポート】創聖のアクエリオン『神話的合体新年会』・第三部 | トップページ | アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』トランプ描写、重箱の隅つつき »

2006年5月 3日 (水)

『涼宮ハルヒの憂鬱』EDダンス・振り付け完全図解!

ご無沙汰しております、ペリーです。

皆さまにおかれましては、TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』エンディング“あの”ダンスを踊るのに、「左右の別が覚えられない」「手の細かい動きがわからない」と悩むゴールデンウィークをお過ごしのことと思います。

そんな悩みを解決すべく、SOS団音頭の詳細な図説を作成してみました。

※5月14日 歌詞を訂正

※2007年2月19日

DVD映像特典・EDスペシャルバージョン【完全図解】も作って公開を始めましたので、ぜひそっちもご参照下さい。

96_1 こんな感じで作りました。続きもどうぞ。

注意事項

  • リズムは、1小節4拍とします。4分の4拍子、というやつです。
  • この歌の場合、歌詞の1文字分(あるいはメロディーの1音分)は、1拍の半分、半拍分として数えられます(つまりは、8分音符1個分)。
  • 例えば、サビの歌詞『♪アル晴レタ日ノ事』は、2小節、計8拍分です。拍数と文字数が合うように表記すると、『♪ーハータヒーノコトーー__となります。『ア』は1拍目、『ル』は1拍半目、『レ』は3拍目です。『_』は休符(声や音を出さない部分)とします。
  • 図は、左右を反転させた「鏡像」になっています。パソコンのモニターを、自分の姿を映した鏡だと考えて、同じ向きのポーズを取ってください。
  • 人物の描画は、簡略化されたモデルを使っています。特に、手の表現は、以下に示すとおり記号化されておりますので、予めご理解下さい。
  • <丸い円>は「握り拳」、
    <たまご形の楕円>は「指先を揃えて、指を伸ばす」、
    <扇形>は「指の間を広げて、指を伸ばす」。
  • 黒く塗りつぶしてある方が、手の甲の側。手のひら側は白です。

例)Photo

(1)右手の甲を前に向け、指先を広げる。
(2)左手の手のひらを前に向け、指先を揃える。
(3)右手の手のひらを上に向ける。指先は外側(右側)
(4)左手の親指と人さし指を伸ばして、L字にする。手のひら側を前に向ける。

  • 以上のような簡略化のため、より細かい所作のニュアンスについては、本物のエンディング映像などをご参照いただく必要があります。【涼宮ハルヒの憂鬱のEDをオリコン1位にする応援サイト】にある、【EDダンス解析】も大変有用です。
  • むしろ、上記サイトの画像を借り受けて、加工して作った方が、分かり易いうえに手間が掛からなかったのではないか? という指摘は、管理人が落ち込むためご遠慮いただけると幸いです。
  • 本ダンスは想像以上に大きな動きを伴います。室内で練習などされる場合、周囲をよく確認しないと、開いているドアや電灯に手をぶつけたり、何かを踏んで転んだりして、かなり痛かった大変危険ですので、ご注意下さい。

    /// ppp! ///


【前奏】

(注)一番冒頭のドラム音は無視して、メロディーの最初の音から1拍目と数えてください

01

(1~8拍目まで)

手:左手は頭の後ろ、右手は手のひらを腰にあてる。7拍待ち、8拍めに胸の前で腕を交差させる。

腰:右側に突き出す。8拍目に戻す。

03

(9~11拍目:3拍分)

手:左右に伸ばす。水平にはせず、やや下向き。手のひらは下に向ける。

足:1拍につき1歩ずつ、右にステップ。右脚→左足→右脚の順番。左足の時は、右脚の前を通って交差させるようにする。

次からの、12~16拍目までは、半拍ずれてばかりでヤヤコシイですが、ここはメロディーの音に合わせればOKですので、リズムを数えるより耳を頼りにしましょう。

04

(12~13拍目:2拍分)

右手:手の甲を腰に当てる。

左手:人さし指と親指でL字を作り、上に突き上げる。手のひら側が前。2拍半目、手首をひねって甲の側を前に向けつつ、振り下ろして右を指す。

2拍半目の左手の動きに合わせて、腰を右に突き出し、上半身全体を右に捻る。視線も左手の指す方へ。また、右脚に体重を掛け、少し曲げる

06

(14~16拍目:3拍分)

左手:1拍半目、手首を返し、指を開きつつ、手を顔の前に持ってきて手のひらを前に向ける。2拍半目、手のひらを前に向けたまま上に突き上げる。3拍目、左の方へ腕を傾ける。

腰:1拍半目、逆の左側に突き出す。また、体重も左足に掛け、少し曲げる。2拍半目、元に戻って真っ直ぐ伸ばす。上半身、視線も正面に向き直る。



『♪ナゾナゾみたいに 地球儀を 解き明』14拍分

( 図 略 )

メインダンサー(ハルヒ)は、やや右を向き、腕を組んで反り返る。首から上だけやや左を向き、視線は正面。

右ダンサー2(キョン)は、その後ろに立つ。

『♪かしたら みんなでどこまでも 行けるね』13拍分

( 図 略 )

左ダンサー1(みくる)は、転んで前につんのめった姿勢に。

右ダンサー2(キョン)は、その前で身をかがめる。

右ダンサー1(長門)は、彼らの後ろで、右を向いて座って本を読む。お盆・湯呑み・お茶を中空に停止させる(どうやって)



『♪時間の果てまで』5拍分

11

メインダンサー(ハルヒ) 『_じかん』2拍

2拍目の『か』に合わせて、左手の指先で左耳の上の髪を払う仕草。右下に俯いた姿勢から、払うのに合わせて、左方向に体と顔を起こす

13

右ダンサー1(長門) 『のは』1拍

首を右に傾け、『の』に合わせて、折り返し左側に傾ける。

14

左ダンサー1(みくる) 『ーてまで』2拍

やや右を向いた姿勢、視線は正面。右手の人さし指を立てて(手のひらは前側)、手全体を時計回りに2回転させる。

この時、体全体でリズムを取っており、少し右方向に頭が傾いていく。



『♪Boooon!!』2拍分

右手の甲を腰に、左手の手のひらを顔の右側面に向け、両膝を付けた姿勢から始める(左ダンサー1は、直前の体勢から、即座にこの姿勢になる必要がある!)

21

左手:手首を伸ばしつつ、腕は前方へ、続いて左上へ、円を描くように回す。

腕が正面に来たときは、手のひらは指先を下にして前向き。腕が左上に来たら上へ向けて手首を反らせる。

腰:左手の動きに合わせて腰を落とし、再び伸び上がる。

上半身:左手の動きに合わせて屈み、伸び上がるが、最後に大きく背を反らせる。

膝:左手が下がる動きに合わせて、まず右膝に体重をかけて、やや右の外側に曲げる。左手が上がるのに合わせて、重心を左足に移して、左足を伸ばすが、右脚は軽く曲げたままつま先立ちになる。曲げた右膝は、やや左へ向ける。

結果、右膝で、右から左へ半円を描くように動かすことになる。

ここまでの動作は、すべて1拍でサッと済ませ、2拍目は伸び上がった姿勢で余韻を残すような体勢を取る。



『♪ワープでループなこの想』10拍分

( 図 略 )

映画を撮影する。各ダンサーは、役割を変えて、配置を以下のように。

右から、左ダンサー1(戦うウェイトレス)、右ダンサー1(悪い魔法使い)、やや後ろに下がって左ダンサー2(レフ板持ち)、右ダンサー2(カメラ)、メインダンサー(超監督)。

『♪いは 何もかもを巻き込んだ 想』11拍分

( 図 略 )

クリスマス鍋パーティーを催す。

右から、サポートダンサー1(鶴屋さん)、左ダンサー1(みくる)、メインダンサー(鍋奉行)、右ダンサー1(長門)。鍋から少し離れて、右ダンサー2(トナカイ)、左ダンサー2(古泉)。



『♪像で』4拍半分

41

足:左足を一歩前にだし、前後に足を開く。左膝を軽く曲げる。

右手:『ぞ』で、指の間を開き、指先を上に、手のひらを前に向けた状態で体の右横に構える。『で』に合わせて、下から押し出すようにせり上げる。

左手:指をそろえて、手の甲を前側に、指先を下にして、体の左横で構える。右手の動きと合わせて、手を後ろに回し、指先も後ろ向きに。手のひらは下向き。

また、右手の動きに合わせて、さらに腰を落とし、右肩も下げ、首も右に傾ける。

『で』の後は、余韻を残した体勢のまま3拍半。



『♪遊ぼう』4拍半分

『あ』などが、半拍ズレているのですが、ここも歌詞に合わせて動いた方が判りやすいです。

51

メインダンサー(ハルヒ) 『あ』

両手のひらを前に向け、こめかみのあたりに添える。そこから一気に振り下ろし、人さし指と親指を立てる。両手の平を、正面から見て逆八の字になる角度にする。

53

左ダンサー1(みくる) 『そ』

顔を下げ、やや俯いた体勢から、顔を起こして伸び上がる。これに合わせて、胸の前に置いた両拳を広げて指を伸ばし、口元に当てる。手の甲が前側。

55

右ダンサー1(長門) 『ぼ』

首を左に傾け、『ぼ』に合わせて、折り返し右側に傾ける。(つまり、さっきの逆

56

左ダンサー2(古泉) 『う』

体をやや右に向けて、手のひらを上げて肩をすくめるポーズ。ただし、手のひらの位置は両肩の前あたりになる。体の真横ではない。

57

右ダンサー2(キョン) 『_』

左前方で、左手のひらを上にし、それを手前に起こして左眉の上に指先を当てる。これに合わせて、顔を俯かせる。



『♪アルー晴レータ日』4拍分

左手の甲を腰に、右手は人さし指と親指を立ててL字を作り、顔のすぐ前に構える。手のひらは前側。この姿勢からスタート(右ダンサー2は、直前の体勢から、即座にこの姿勢になる必要がある!)

61

1拍目『ア』で、右手を前に突き出す。指や手のひらの向きはそのまま。

2拍目『ー』で、腰を左に突き出し、首も左に傾ける。

3拍目『レ』で、手首を支点に、指先を時計回りに、1拍につき1回転、2拍の間に2回転させる。

この間4拍、つま先立ちで、両かかとで1拍1回の軽い足踏み。リズムを取るように。



『♪ーノ事ーー__』4拍分

63

腰:右に突き出す。首も、やや右に傾ける

右手:手の甲を上にして顔の横に持ってくる。指先はこめかみに向ける。1拍に1回、手首を軸にして2回振る。

この間2拍も、同様に軽い足踏み

64

右手:素早く手のひらを返して、指先を上、手のひらを右に向ける。そのまま、3拍目のタイミングに合わせて、円を描くように振り下ろし、そのまま顔の横に戻す。ここで、手のひらは前に向ける

4拍目に合わせて、手のひらを前に倒し、すぐにピョコンと起こしてまた正面に向ける。

腰:3拍目に、重心を左にかけて、腰もやや左に突き出し気味に。4拍目には、再び右に突き出すように戻す。首は、3拍目に真っ直ぐに戻す。

この間2拍も、同様に軽い足踏み。



『♪魔法以上のユ』4拍分

66

右手:右方向に伸ばす。人さし指と親指でL字を作り、この指先を左右に振る。1拍につき2往復、3拍で計6往復。腕は、3拍かけて、前方に回す。これに合わせて、上半身も左に捻るが、首から上は正面を向いたまま。4拍目に腕を胸元に引いて、次の姿勢へ。

足:右膝を軽く曲げ、左膝の前に交差するようにして、やや大きめの足踏みを1拍に1回、計4回。ただし、4回目の足踏みは小さくて良し



『♪ーカイがー 限』4拍分

67

足:右膝を元に戻す。上半身も正面に向ける。4拍の間、右脚のみで、軽い足踏み。

手:両拳を握り、手の甲を前にして胸の前に構える。1拍1往復で4回上下させるが、左右の動きはちょうど逆になる。1拍ごとのタイミングで、右手が下に、左手が上に。(右手と右脚の動きがちょうど同じなので、合わせれば簡単です



『♪りなく降りそそぐ 不可能じゃな』10拍分

71

サポートダンサー1・2・3(鶴屋さん国木田谷口

両拳をそろえて、左上→中央下→右上。これを、1往復半、10拍の間に行いますが…まったくリズムと合っていないので、ぴったり再現できません。適当にゆっくり動かしてもらえれば良いでしょう。



『♪いわ 明日また』10拍分

72

サポートダンサー4(シャミセン

右向きに寝そべり、左脇腹を正面に向けてみせる。顔は正面に向け、やや左に傾ける。耳は寝かせ気味。

しっぽ:左上に伸ばし、波を送るがごとく、ゆっくりと3回くゆらせる。

ダンサーにしっぽが無い場合は、左手などで代用。

こちらもリズムに合っていないので、適当にゆっくり動かしてください。

サポートダンサー5(キョンの妹)は、サポートダンサー4の腰の上あたりで、首を左に傾けて立つ。



『♪会うとき 笑いながら~(中略)~つかまえてみて』40拍分

( 図 略 )

めくるめく背景美術! ダンサーは、姿が見えないよう消えていてください(ぇ



『♪_大きな』4拍分

81

1拍目の「ジャン!」という音に合わせ、胸の前に構えた拳を、指を伸ばしつつ、左右に腕を広げる。両手のひらが外側。

『おーお』の間に…

82

腕:下側から回して、両腕でそれぞれ円を描き、また横の位置に戻す。ただし、腕は真下には下げず、やや前方に突き出すので、円は縦方向に潰れた楕円を描く。

手:腕が左右に伸びている時は、手のひらは外側。腕が、体の前や頭の上方など、中央に寄っているときは、手のひらは前に向ける。また、ちょうど胸の前に来たときは、両手のひらをやや斜めにして交差させる。指先は、常に上向き。

83

『きーな』の間に、右膝を下げ、左膝を立ててしゃがむ。足を前後に開くことになるが、直前まで半歩踏み出すヒマもないので、しゃがみつつ擦り足で(笑)。上半身も前屈みに。腕は横に突き出したまま。



『♪夢&夢 スキでしょう?』6拍分

このあとの3人の動きは、ここまでとは違い、連続している。つまり、3人がそれぞれバラバラに動いているのではなく、同じ動きをしていると考えて良い。

85

左ダンサー1(みくる) 『ゆめ』

やや左向きの体勢。『め』に合わせ、背を反らし、首も右に傾ける。両手を胸の上で重ねる。手の甲が前側。

86

右ダンサー1(長門) 『ゆめ』

先の体勢から、体を右側に向けつつ、やはり『め』に合わせ、両手の指先を両肩の上に当てる。

※画面には出ていませんが、この間に立ち上がってください!

87

メインダンサー(ハルヒ) 『スキでしょう』

先の体勢から、右手は下ろし(たぶん腰に当てる)、左手は前に突き出す。『キ』に合わせて、人さし指と親指を伸ばし、人さし指を前に突きつける。手の甲が上側。

そのまま、人さし指の先を、反時計回りに1回転半させる。

※画面には出ていませんが、この間に立ち上がってください!



【フィナーレ】

ここは、拍子を数えてると却ってややこしくなるので、伴奏の音に合わせてください。歌詞が無くて、指示が難しいので、伴奏の音に無理やり歌詞を付けます

『♪イーーローーーハ_ニホヘ_トチリ_ヌ_ル_』

90

『イーーローー』

前に突き出していた左手を、大急ぎで後ろに伸ばす。右手は前に伸ばす。『イ』に合わせ、腕を振り上げながら、左横に一歩ジャンプ。

『ロ』に合わせ、腕を前後逆に振り上げながら、右横に一歩ジャンプして戻る。

91a

『ーハ』

半歩左足を踏み出して、重心をそちらに載せる。

これに合わせ、腰を思い切り左に突き出し、背を大きく反らせ、上半身・右腕・首を左方向にねじる。

『ハ』に合わせ、体を正面に向けつつ、右手を顔の右横まで一気に動かす。指は伸ばし、手の甲は上、指先をこめかみに当てる、いわゆる「敬礼」のポーズ

ただし、重心はまだ左足にあり、敬礼ポーズの時には上半身も首も右側にやや傾けたまま

92

『_ニホヘ』

右手:先ほどからの動きを止めずに続けて動かす。手首を起こして、一瞬指先を外側に向けて手のひらは上にするが、すぐに元の位置に戻す。

『ホ』のタイミングに合わせ、右腕を上の方に伸ばす。同時に、肘から先を軸線として半回転させ、この結果手首から先は外側を向く。

左手と腰:腰は、右手が伸び上がるのに合わせて、右に突き出す。左手も腰に当てる。

『ヘ』では、余韻を残すような体勢を取る。

93

『_トチリ』

右手:肘を曲げて手を下げつつ、手首を返して、手のひらを上・指先をこめかみに当てた姿勢に。ただし、この時手首はそのまま返すのではなく、途中で一瞬、手のひらが前を向くように翻す

続けて、だいたい『チ』ぐらいのタイミングで、腕を右側にやや伸ばしつつ手首を返し、手のひらを下向きにする。

続けて、だいたい『リ』ぐらいのタイミングで、指先を喉元に向ける。手のひらは下向き。ただし、手は横回転させるのではなく、一度上方向に起こし、一瞬手のひらが前を向くように翻す

※手首が千切れそうになりますが、SOS団員なら堪えましょう。

左手:『リ』ぐらいのタイミングで、腰の後ろで手首を曲げ、指先は後ろ方向、手のひらを上向いた状態にする、

上半身:腰を突き出した体勢のまま、右側から左側に突き出す姿勢に変えていく。重心も、右脚から左足に移していく。これに合わせて、上半身全体はやや右方向を向く

『チ』ぐらいのタイミングに合わせ、前屈みになる。首もやや俯ける。

『リ』ぐらいのタイミングで、背を大きく反り、首も上向きに。

足:重心移動の間、やや膝を曲げた状態のままで。そして、『リ』ぐらいのタイミングで、右脚の膝を軽く曲げ、つま先立ちにさせたポーズを取る。

『_ヌ_ル』

一番最後は、どのダンサーも歌詞や拍子に合わせず、勝手に動いているので、もはやタイミングは気にせずに。

96

メインダンサー(ハルヒ

手は斜め下に下げ、左足に重心をかけつつ、首はもう左方向に回し始める。

そのまま、左回りに一回転する。回転が終わる直前には、右手の甲を腰に当て、左手は人さし指を伸ばし、肘から先を横にして顔の前に構える。首はやや上を向ける。

さらにもう1/4回転ほど左方向を向き、左手を左上方に伸ばし、これ方向に左人さし指と視線を向ける。上半身は思い切り反る。軸足だった左足は、やや膝を曲げてつま先立ちとなり、右脚は一歩後ろに下げて伸ばす。

※一回転以上回るので、かなり目が回ります。

96b

右ダンサー1(長門

すばやく左手と左膝を下ろし、前屈みになる。右膝は立てる。

続いて、上半身は起こして、膝立ちになり、手のひらを広げて前に向ける。指は開く。指先の方向は、「八」の字になるように、下向きでやや外側を向ける。

手のひらが「八」の字になるのは、以下4人全員一緒。

96c

左ダンサー1(みくる

両手を拳にして胸の前に構え、両足を揃える。

かがんで、左膝を立てた膝立ちになりつつ、腕を前に伸ばし、手のひらも開いて前に向ける。指は揃える。

96d

右ダンサー2(キョン

両手拳を右上方向に振り上げて、溜める。左足を一歩踏み出す準備をする。

大きく左に一歩を踏み出しつつ、そのまま膝立ちになり、腰を落とす。同じタイミングで、腕を大きく左側に向かって伸ばして広げる。手のひらも開き、指先は揃える。この動きに合わせ上半身もやや左に捻る

96e

左ダンサー2(古泉

やや右側を向き、その場でジャンプ。両拳を胸の前に構え、ジャンプの頂点では膝もかなり曲げる。

着地したらすぐに、右足を大きく右側に踏み出し、腰を落とす。同じタイミングで、腕を大きく右側に向かって伸ばして広げる。

踏み出している最中、首はいったん俯かせ、踏みだしが終わったら逆に上を向かせる

【終了】

   /// ppp! ///

読んでくださってありがとうございます。皆さんの練習の助けになれば幸いです。とても常人に可能な動きとは思えませんが、健闘をお祈りいたします。

最後に、このエンディングアニメーションの、絵コンテ・演出:山本寛氏、作画監督:池田晶子氏、原画:門脇聡氏・石立太一氏・渡邊政治氏に、心から敬意を表します。あんたら最高だー!


Haruhi_001

|

« 【イベントレポート】創聖のアクエリオン『神話的合体新年会』・第三部 | トップページ | アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』トランプ描写、重箱の隅つつき »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

涼宮ハルヒの憂鬱」カテゴリの記事

コメント

2chから飛んできました。
わかりやすくって参考になりました。
乙っす!!

投稿: S456456 | 2006年5月 4日 (木) 12時00分

S456456さん、コメントありがとうございます!
俺は2ちゃんねらではないもので、あちらのダンス解析議論の流れには乗り損ねてしまい(OFF会もあるそうですが、どうしても行くことが出来ず…行きたい…)、全くの独自解析になっちゃってますが、それでもご参考になれば幸いです。

投稿: ペリー | 2006年5月 4日 (木) 21時21分

すごく参考になりました!
ありがとうございます!

投稿: thanks | 2006年5月13日 (土) 00時53分

二人目のコメント、ありがとうございます!
こんな長ったらしいブログを読んでいただけて、うれしい限りです(爆)ダンスの再現、頑張ってくださいね(笑)

投稿: ペリー | 2006年5月13日 (土) 08時22分

ダンス覚えたくて飛んで参上しました!!
とっっっっても参考になりましたので早速実践してみたいとおもいます→無論文化祭で・・(氏
ありがとうございました↑↑

投稿: 赤紫 | 2006年5月15日 (月) 20時48分

赤紫さん、コメントありがとうございます。喜んでいただけて恐縮です(^^)
さらに実践されるとは素晴らしい!成果を見てみたいなあ。
しかしながら…。このブログの解説は、細かい動きを出来るだけ解析し、それを理解してもらう方針なんですが、果たしてそれが宇宙人や超能力者ではない人類に可能な動きであるかどうかは、全く考慮していません(爆)。無理をして、筋を違えたりなさいませんよう。
また、アニメではダンスをしていない部分についても、実際に踊る場合には考える必要があるでしょう。これは、2chのダンス議論スレッドの皆さんが考案済みですので、そちらを頼られるのがよいかと。
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/dance/1145284782/
健闘を祈ります…ぜひ結果もお伝え下さい(^^)

投稿: ペリー | 2006年5月15日 (月) 22時15分

ダンスを完璧にしたくてここに来た限りで御座います
とても解り易い図解と説明で完璧に出来そうです。有難う御座います
早速友達と月曜日から実践したいと思います
中学校の文化祭にも起用したいのですが、中々息が合わないんです…
長文失礼いたしました&どうも有り難う御座います!

投稿: 霜華 | 2007年6月 2日 (土) 16時25分

霜華さん、コメントどうもありがとうございます!
霜華さんは中学生なんですか? ハルヒダンスを一緒に踊ろうという友達がいるなんて羨ましいですねー…
俺が中学生の時分には、そのようなステキな友はおりませんでしたよチクショー(笑)

図解は、DVD収録のスペシャルバージョンのものもあるので、ぜひそちらもご覧ください。
http://perry.cocolog-nifty.com/ppp/2007/02/1_2b54.html
ただ、息の合った踊りを見せるには、このブログに解説された動きをすべて再現しようとしては、却って大変でしょう。
全員が流れを把握したら、いったん細かいところは無視しちゃいましょう。
タイミングをあわせるためのポイントと、きれいに動きがそろって見えるための角度を、みんなで考えて決めて、とりあえずその部分だけはビシリと決まるよう、相手の踊りを交代で確認するのがお勧めです。

文化祭でうまくできたら、ぜひ教えてくださいね。お友達の皆さんにもよろしくー。

なお「長文失礼」は不要です、なぜなら、俺が誰よりも長文になってしまうから!(汗

投稿: ペリー | 2007年6月 3日 (日) 14時07分

映像の方がよくないですか?ww

投稿: ナミキ | 2007年7月31日 (火) 18時26分

ナミキさん、コメントありがとうございます!
って、それは禁句だー! 映像の方が良いに決まってますが、そもそものエンディングが映像作品なんだから、あれをそのまんま観るのに勝る資料があるはずないんですから!(笑)

投稿: ペリー | 2007年8月 1日 (水) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143270/9872733

この記事へのトラックバック一覧です: 『涼宮ハルヒの憂鬱』EDダンス・振り付け完全図解!:

» 教材搬入 [越鳥南枝に巣くい胡馬北風に嘶く]
インターネットは世界中を結ぶものであるがゆえに、すごい人がいるものだ。『涼宮ハルヒの憂鬱』EDダンス・振り付け完全図解!(別ウインドウ)すごいね。全国のハルヒストのパワーはすごいよね。エンディングをオリコンチャート5位とかwwwwでまあこのページ。なんか文化...... [続きを読む]

受信: 2006年8月10日 (木) 11時51分

« 【イベントレポート】創聖のアクエリオン『神話的合体新年会』・第三部 | トップページ | アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』トランプ描写、重箱の隅つつき »