2006年11月23日 (木)

DVD『涼宮ハルヒの憂鬱 5』、トランプとクルーザーシーンのNGは!?

皆さん、ものすごくご無沙汰でした。ネタがなくって。

というわけで、以前のネタの後始末を付けますよー。すなわち、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の、DVD第5巻、「孤島症候群(前編)」です!

この回のTV放映時には、トランプの描写の間違いと、クルーザーでのハルヒの足の描かれ方にNGがありました。

DVD化にあたって、このNGは修正されたのか…?

まず、トランプのシーンは―――

09_0650

直ってねー!!!(-~-)

クルーザーシーンのハルヒの足は、↓これこの通り、キチンと直ってるんですがねえ。

09_1054

ところで、DVD版での修正点なんですけど。

世間にはとんでもない眼力でTV放映版との差異を見出す人達が居るようでして、彼らによれば、もっともっと細かいポイントが修正されているんですよっ!

たまにもゆる:「涼宮ハルヒの憂鬱」DVD第5巻 ディレクターズカット版について

出たとこBlogger:▲涼宮ハルヒの憂鬱 DVD第5巻

目眩がするほど細かい…。この修正に気付いた方に感動しちゃいます。

そしてもちろん、これだけ細かく直したスタッフにも感心。結構重要な矛盾点だったりもするので、見逃せないところではあるのですが。

でもっ! そこまで細かいところに気付くのだったら、なんでトランプの間違いに気付いてくれないのさー!!?(T_T)

そうそう、パソコンケーブルも!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

アニメ『COYOTE RagtimeShow』トランプ描写、みたび重箱の隅つつき

ココログのレスポンスもやっと普通になりましたね。

こっちもなんだか時間がなかったのが、ようやくブログを書くヒマが取れました。

で、今回の重箱のスミは『COYOTE RagtimeShow』です。動かしまくる作画に命を懸けていると思われる、新進気鋭のアニメスタジオufotableの製作で、細かいところの描写にも力が入ってるのですが。

すでに1週間以上前の話数ですが、第2話の酒場のシーンで…

2_0633

チ・ガ・ウ ってばー!!

ウチのブログの、先日の記事を読んでくださってる皆さまでしたら、どこが変なのか一発で分かりますよねー? んんー?(そんなムチャな)

続きを読む "アニメ『COYOTE RagtimeShow』トランプ描写、みたび重箱の隅つつき"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

アニメ『School Rumble二学期』トランプ描写、重箱の隅つつき ― 『逆ファン』問題

すでに1週間以上前の放送と、遅くなってしまいましたが…

アニメ『School Rumble 二学期』第10話「ヒィー! ヒィー!ヒィー! ヒィー!ヒィー!ヒィー!」にて、荒んだ雰囲気作りの演出を妙に凝りまくった、爆笑トランプシーンが登場します。

その名も、「大貧民放浪記」

10_0723

(※ご覧の通りこのシーンは、演出上の意図で上下に黒帯が付いていますが、これ以降の画像引用では、その黒帯をバッサリ省略しますので悪しからず(^^;)

突然リアルタッチの作画になった登場人物に対し、トランプそのものの方も、表面についてはCGテクスチャーの貼り付けか、実にキレイに出来ています。

そんな中で、どうでも良いような突っ込みどころが2つほど。今回は、良い点悪い点、1つずつですよー。

続きを読む "アニメ『School Rumble二学期』トランプ描写、重箱の隅つつき ― 『逆ファン』問題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』トランプ描写、重箱の隅つつき

脚本、演出に始まり、作画、動画、レイアウト、美術に至るまで、どこを切っても唸るほど出来がよい、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』

今週の第6話、「孤島症候群(前編)」では、結構めんどくさい、トランプゲームの描写をやってました。

真の作画マニアは、きっと手の所作に注目するんでしょうけど、俺はついついカードの方が気になる…。

シャッフルとか、カードをファン(扇状)に広げるところとか、難度の高い作画は避けてるけど…でも、ファンを広げる向きは合ってるし(←非常に間違われやすい)、全体的に自然。さすがは京都アニメーション…。

って、あれ? スペードの6が間違ってる!(´Д`)

続きを読む "アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』トランプ描写、重箱の隅つつき"

| | コメント (4) | トラックバック (0)